LIFE STYLE | for ME, MYSELF AND I MY RESTAURANT HOPPING TORU YAMAZAKI 好きなことを仕事に選んだ、それぞれの分野の達人たちは、
私生活でどんなことに夢中になっているのか?
人生の自由時間の過ごし方、そのヒントを探ってみよう。
本間良二 /

Ryoji Homma

1975年、東京生まれ。牡牛座。スタイリスト、BROWN by 2-tacsディレクター、池尻大橋のThe Fhont Shopオーナー。小説やサインペンティングも手がける。
born in Tokyo, Japan in 1975. Taurean. While working as a stylist, he directs a brand called BROWN by 2-tacs and runs his own clothing store, The Fhont Shop, in Ikejiri Ohashi. He also writes novels and creates sign paintings.

MY JOURNEY

Ryoji Homma

もともと、旅が好きなんです。海外でバックパッキングしたり、改造したハイエースで車中泊をしたり。登山も昔からしてたけど、単独のハイキングや徒歩旅行にハマったのは、『POPEYE』の仕事でアラスカを旅してから。本格的なスルーハイクのトレイルを初めて歩いたんです。ピークハントせずに、野宿しながらひたすら歩く。で、日本に帰ってからも山に行きたくて丹沢に行ったらすごくキツくて(笑)。それでウルトラライト(UL)にも興味が出てきて。今はそれほどじゃないけど、一番烈しかった頃は、道具の重さをメモして、2〜3泊なら30ℓのバックパックひとつ、6kgくらいまで削ってましたね。あれが面白いのは、無数の選択肢から取捨していくことで、自分のスタイルが明確になるところ。重量によって行動範囲もスピードも感覚も変わってくるから。そうだ。感覚といえば、奥穂高へ縦走中にリュックを谷に落としちゃって。そのまま下山したほうが安全なんだけど、斜面を降りて取りに行ったんですよね。貧乏性で(笑)。そしたら戻れなくなった。斜度もキツいし体力も減ってたし。それで何時間かトライしてようやくルートに戻れた時、ヘットヘトだけどなんかすごく気持ちよかった。視野が広がって、足元の小石も一つ一つくっきり見えて、無性に「ウォー!!」って叫びたい気分、ていうか実際に叫んでて(笑)。野性が目覚めるって、あんな感じなのかな。あれ以来、二度とないんだけど。そこまでじゃなくても、山を独りで歩くのは思考する時間だらけで。自分自身とか生活とか社会とか、とことん見つめ直すことになる。アメリカではRE-CREATIONて言うみたいだけど、本当にそうだなって思う。山を独りで歩く。あの自由な時間が、僕にはやっぱり必要なんですよね。
Traveling has always been a hobby of mine. I used to enjoy visiting other countries as a backpacker and sleeping overnight in my customized Toyota HiAce. Though mountain climbing has also been my long-time pursuit, I became devoted to solo hiking and trekking after traveling to Alaska for a commissioned project of a Japanese magazine. There I tried a proper thru-hike for the very first time, doing nothing but walking without attaining the peaks of mountains. My passion for mountaineering grew even more after my return home, so I climbed Tanzawa Mountains but found it really hard (laughs). That was actually the reason why I got into reducing the weight of gears I carry with me for climbing. I found it really interesting because I could clarify my style of mountaineering by sifting through things I’d bring. At the peak of my interest, I made a few day’s trekking just with a 30L backpack. During a walk on a mountain trail just by myself, I have plenty of time to think. The activity allows me opportunities to focus on myself, my life and the society we live. I’ve heard that people in the U.S. called it “RE-CREATION” and it does make sense to me. I feel free while taking a solo walk on a mountain. The activity is indispensable to me.

Photography by Arata Suzuki, Story by Ryoji Homma, Text by Satoshi Taguchi
Translation by Aya Takatsu